2011年03月31日   推進会議

市民との対話集会を開催

平成23 年3 月11 日に発生した東北地方太平洋沖地震の犠牲者の皆様に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災者の皆さまに心よりお見舞申しあげます。

この度の東北地方太平洋沖大地震は国内観測史上最大の地震となり、東北、関東地方に未曾有の大惨事を引き起こしております。多くの生産拠点や社会資本が破壊されるなど人々の生活や企業活動は極めて厳しい状況にあり、日本経済全体、九州経済への影響も甚大なものと思われます。この大震災の復興は日本全体が総力を挙げて取組むべき喫緊の課題であり、復興支援の役割は西日本地域、九州に大きく課せられております。
 したがいまして、本プロジェクトの推進につきましても、これまで以上の責務が求められており、東北、関東地域の一刻も早い復興の支援に繋がるよう遅滞なき活動を展開致して参りたいと考えております。

トピックス
◎長崎都市経営戦略プロジェクト「市民との対話集会」を開催しました
 3月30日、本プロジェクトの目的や9ワーキンググループのアクションプラン(活動計画)に基づく具体的な推進活動を多くの市民の方々にご理解いただき、地域一体となった活動を進めていくために、「市民との対話集会」を開催いたしました。
 年度末の平日夜(18:30〜2-:00)の開催ではありましたが、会場の「メルカつきまち」5階ホールには200名を超える市民の皆様がお集まりいただきました。
 皆様、推進会議からの説明に熱心に耳を傾けていただき、意見交換でも「プロジェクトに積極的に参加したいのでアドバイスを」「観光活性化にソフト面の充実を」「グルーバル化のなかでアジアに近い位置を活かした活動や人材育成を」など、プロジェクトの推進に向けてありがたい意見・質問を頂戴しました。
市民の皆様に直接、本プロジェクトについて説明する機会は初めてでしたが、たいへん有意義な集会となりました。ここに改めて御礼申し上げます。
今後もこうした機会を設けて参りますので、本プロジェクトへのご支援・ご協力・ご参加のほど、宜しくお願い申し上げます。

長崎都市経営戦略推進会議

提言「みんなでつくろう元気な長崎」

長崎サミット

関連リンク

長崎の年賀状