2015年07月31日  

第11回長崎サミットを開催しました。

我国は、人口問題を中心に主要課題解決に向けた「地方創生」への動きへと大きく動き出しています。「長崎サミットプロジェクト」では、既に7年前より人口問題、GDP問題を主要課題に対応の検討を進め、5年前より産学官で力を合わせることをスローガンに具体的活動に入りました。関係団体のコミュニケーションが進み、いくつかの具体策も実施され成果も現れています。
今回の「長崎サミット」においては、「地方創生を語る〜第11回長崎サミット〜」のスローガンのもと、「いかに連携し、具体的活動を行うか」をテーマに推進のあり方、取組むべき施策について、意見交換しました。
明治日本の産業革命遺産が世界遺産に登録されたことを記念し、今回は「グラバー園 旧スチイル記念学校」で開催しました。

 第11回長崎サミット会議資料: PDF形式 (3.73MB)



長崎都市経営戦略推進会議

提言「みんなでつくろう元気な長崎」

長崎サミット

関連リンク

長崎の年賀状