2015年01月14日   推進会議

長崎大学の感染症研究拠点整備に関する勉強会を開催しました。

長崎都市経営戦略推進会議を構成する経済団体の会員等を対象に、長崎大学において取り組もうとしている施設設置と今後の感染症研究について理解を深める必要があると思い、「長崎大学の感染症研究拠点整備に関する勉強会」を開催しました。
長崎大学では、エボラ出血熱のように危険度の高い感染症の研究も安全に実施できるBSL-4施設を中核とした、世界最高峰の感染症研究拠点の整備を計画しています。同大学は卓越した研究者が集まり、現在でも国内トップレベルの感染症研究が進められていますが、BSL-4施設の設置により、国内外の研究者が集結する研究拠点として、我が国の感染症研究のレベルを一段と高い水準に押し上げるだけでなく、長崎県の活性化にも大いに貢献することが期待されています。
 

長崎都市経営戦略推進会議

提言「みんなでつくろう元気な長崎」

長崎サミット

関連リンク

長崎の年賀状